2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを張るリスト

スキー

2019年3月17日 (日)

かぐらスキー場 ウインテク行事

3月16~17日

今年3回目のウインテクの行事に参加してきました。

土曜の行きは新幹線で。東京6時44分発、何と切符が取れずにグリーン車で行くことに。

湯沢に着くと苗場方面のバスの停留所には、バス2台では乗り切れないスキー客が待っているではないか! あきらめてGさんとタクシーで宿に向かう。2800円、15分で着く。「エルブロンネ」は初めてだが、Kさんお勧めの宿なので安心していたが、きれいで部屋も暖かくて快適そうで一安心。早速着替えて、近距離なのだが車で送迎してもらえるのもありがたい。ロープウエイで上まで上がり、雪がちらほらと気温も低くてコンディションもいい。かぐら・みつまた・田代は久しぶりなので連絡がよくわからず、ただただついていくのみ。滑りは1月ぶりで、身体の動きは良くないが、まあ、がんばって、新しい板でずれずれで滑る。

Kagura1

 

Kagura2

昼食は、プリンス的1300円のカレー。味はまあまあなのだが・・

Kagura3

Kagura5

3時半くらいまで滑り。田代から。吹雪いてきたので早めに終了して宿に戻る。

風呂は、近所の道の駅の温泉に行くことにしたのだが、ここが猛烈に混んでいる。洗い場の順番待ちが10人くらい!更衣室は満員でいる場所もない。まるで刑務所のように洗い場の順番まちはまいった。そうそうに上がってくる。これなら宿の風呂の方が良かったなあ。

Kagura6

夕食は、なかなか豪華だ、質量も十分、むしろシニアには多いくらいだが、ワインを飲みながら完食してしまう。

部屋でちょっと飲んで11時前にはお開きで後は各部屋で飲むと。

翌朝の朝食、いい感じの和食。コーヒーのサービスが嬉しい。

Kagura7

翌朝はいい天気で、見晴らしがいいので、頂上に向かう。

Kagura4

山に登る人もいて一番上のリフトは混雑だ。圧雪していない不整地なので新雪が乗っていて、滑りにくい。

Kagura8

昼食は、今度はビーフシチュー。味は悪くない、ピザが美味しそうなのだが、決行待つのが難点。

足が疲れてきて、よれよれだが、ミツマタエリアは凍っていて、疲れる。この時期雪が降るくらいのいいコンディションで良かった、先週は暖かくなってしまったので。

2時半に迎えに来てもらい、ゆっくり片付けて、駅までは、バスは混んでいて乗れないだろうという想定でEさんに無理を言って駅まで送ってもらう。湯沢の駅は、お土産やや食堂が立ち並んでいてすごい人。酒まんじゅうを買って、一番奥にある麹カフェで、麹ドリンクを飲んでいたら、新幹線の時間0424になる。帰りは、普通の席で、広くはないが、大宮まで45分。寝る暇もなく到着し、Gさんと武蔵野線経由で帰宅。

7時前に帰宅できる。帰りは新幹線が楽だ。関越は事故渋滞が起きていた・・・

 

 

2019年2月25日 (月)

五日町スキー 

2月23・24日とウインテクのメンバーと恒例の五日町にスキーに行きました。

車で行こうか、新幹線にしようか迷いましたが、金の夕方から前泊できたので、車で行くことに。

金曜日は、親の介護休暇で通院で車で2往復して、結構疲れましたが、4時過ぎに自宅発。

大泉までは、45分くらいかかるか、高速は順調、途中、石打PAでそばを食べて、雪もなく、六日町ICに7時には到着。宿には7時20分着。

宿は何十年と通っている民宿「柾廣館」。Y会長夫妻とちょっと飲んで、11時には就寝したのですが、部屋が寒く、窓際に寝たので冷気が直撃と寝ていても寒かった。

23日(土)

和食の朝食、ご飯は相変わらず美味しい。8時半過ぎからメンバーがやってくる。9時半にゲレンデに向けて送迎で出発。

意外に雪はある。朝は、いい感じで締まっていて快適。だが、いい状態は朝の2時間くらいで終了、あとは気温の上昇とともにゆるんできてしまった。標高が低い五日町なのでしょうがないかな。

Photo_1Photo_2

 

Photo_3

五日町は、規模は小さいが、斜面のバリエーションはあって楽しめる、穴場的存在だ。食堂も昭和な感じがいいし、値段も良心的。カレーに1300円もとらない。今年は、毎年楽しみにしていた、かじか酒が飲めた若井食堂が閉じてしまったので残念。ご主人の高齢のためということで、どこも高齢化である。

昼食は、牛丼。肉は控えめだが、このくらいでも十分で食後にアイスも食しちょうどいい。

Photo_4Photo_6

3時過ぎに終了して宿に引き上げる。重い雪は疲れる。

夜は、恒例の餃子もで、日本酒1升がサービス。酒豪のMさんは、しこたま日本酒を飲んでご機嫌となる。11時前には就寝。日本酒飲むと字頭痛が取れないので、自粛して早く寝る。最近、スキーに行ってもあまり飲まず早く寝てしまう。

24日(日)いい天気だ、気温も上昇・・

次の日は、いつも通り六日町。ここは地元の家族連れが多い。緩くて広い斜面が多いというか、それなりに滑れるバーンは2つくらいしかない、バリエーションには欠ける。気温上昇とともに雪も緩み、荒れてきて、滑りにくくなる。

Photo_2

Photo_8Photo_9

 

Photo_10

ポークカレー1300円。高いが銘柄豚肉仕様で美味。

2時半に上がり宿に戻り3時過ぎに出発して渋滞を回避しようと思ったが、予想どおり、渋川近辺、花園近辺で渋滞、所沢で高速を降りて新武蔵境通りに出ようと思ったが、国道254へでるまでと出てからが渋滞。その先も大きく回り込んでたので、結構疲れた。

8時ごろ帰宅。車は帰りが疲れるなあ、荷物を送る面倒があるが楽ちんな新幹線とどっちがいいか微妙なところだ。

 

2019年1月27日 (日)

富士見パノラマ 初体験 景色は最高

1月27日(日)晴れ

富士見パノラマスキー場に初めて行ってきました。相棒はいつものGさん。Gさんは富士パラに何度も行ってスクールにも入っている達人です。

5時半出発、6時国立、双葉で休憩してパンとか食べて、スキー場の駐車場には8時30分着。

Fuzipara1


Fuzipara4
センターゲレンデで1本滑って、ゴンドラで上に上がって、上でぐるぐると滑り続ける。

ゴンドラの上は気温が低い、-8度くらいで下とは4度くらい違う。バーンは良く締まっているがガリガリではない、午前中は滑りやすいバーン状態だ。

今回GさんはハートのMTを持ってきて、自分のハートST SP2とハートの板2台という珍しい組み合わせで滑った。アルペン関係者のようだ!

Fuzipara2

STはやはり小回り系だ。よく切れて回る。

Fuzipara3

昼食は、上のレストランでビーフシチュー。

午後は、下の方のゲレンデは、雪がもさもさで荒れてきて、人も多くて滑りにくい。

不整地は不得意なので、最後の方で、ゴロンと転倒してしまう。やれやれ。

2時で終了して、帰路に着く。途中高速で運転をGさんに変わってもらって、とても助かった、自分だけだったら、仮眠休憩は不可欠だ。

2018年12月15日 (土)

ルスツスキー2日目

12月15日土 天気は曇り

朝食は7時に1階のカフェスペースが会場。食べ過ぎに注意しながら野菜とパンとか。

8時半にスキーロッカーの先の連絡リフトに乗る出口に集合して、ちょっと歩いてリフトに乗る。8時50分にならないと動かない。

奥に、奥にとリフトを乗り継ぎイゴラの山頂に着いて、人が居なくて、ピステンの後を快調に飛ばす。ここでは大回り系か太板が向いている、小回りなんて本当はしたくないのだが、快調にすっ飛ばしていたら、コースの脇の新雪にトップが刺さって大転倒。

メットを買っておいて良かった!肩と顔から落っこちたようだ。

両足の板を外すような転倒は久しぶりのことだ、調子に乗りすぎたようだ。

Photo_4

クラブの人達は、有資格者か1級持ちなので、1バーンを休まず滑る。

シーズン初すべりの身体にはちときつい。

昼食は、11時に、ゲレ食のかつカレー。これはカツが胃にもたれた。
Photo_5

夕方は、ウエストでちょっと滑って終了。

こちらは、修学旅行生やらボードのレッスンで混んでいる。連絡用のモノレースに乗ってウエスティンに戻る。

夕食は、5時半にホテルの外の「羊やん」でジンギスカンと刺身、カニ。肉の量はたっぷりだ。

お腹一杯、羊のジンギスカンを食べて満足。歩いてホテルに戻る。

部屋で軽く飲んで就寝。
Photo_6

2018年12月14日 (金)

ルスツ スキー①

2018/12/14 【ルスツ スキー】初日

前夜なかなか寝られず、3時45分に目覚ましで起きる。

始発は4:37、武蔵小金井発に乗り、吉祥寺に4:43着。ガード下の羽田行きのリムジンバス乗り場に78人並んでいる。

ちょうどバスが来て乗り込む。出発間に人が次々に乗ってきて、補助席を出すまでになりほぼ満員となる。幹事のKさんも乗ってくる。


 500出発、井之頭通り環八高井戸から首都高と道は順調で羽田第1ターミナルには543分に着と、6時集合に余裕に到着。荷物を預け、空いている保安検査を抜けて、出発ロビーで待機。中でコンビニもあるのでここで朝食の調達もありかな。
 6時半出発のJALであっというまに新千歳着。9時半のバスまで時間があり、バスの中で食べる昼飯を調達、おにぎりと練り物のロールを購入。

Photo

バスは途中でキノコ王国で休憩。キノコ汁で温める。100円は安い。
で、2時間ちょっとでルスツリゾート着だ。

 ウエスティン ルスツ。12時ではもちろん部屋に入ることはできず、チェックイン後、オールインワンの大きなスキーケースをクロークで受け取る。(ここは結構時間がかかる)。荷物をもって、スキーロッカー室でケースの中身を広げて、更衣室で着替える。荷物はまとめてクロークに預けて、後で部屋に届いているとのこと。

Photo_3


着替えて、ゲレンデに向かう。連絡リフトでイーストに向かい、クワッド乗り継いでイゾラの上に着く、意外にいい天気。板が新しいハートSP2なので、最初は慎重にずらしながら滑る。基本小回り系という感じがする。

【ハートサーキットSP 2

Photo_2

初すべりの最初の印象はエッジが噛んだらそのままレールターンという感じがしたが、それほどでもない、ズラシの自由度もある。ただオガサカケオッズの方が、ズラシのコントロールはしやすい。すごくずらし易いという訳ではないが適度に噛んで、ずれるという感じだ。

板の直進性はあまりよくない。フロントがきょろきょろしやすい。


夕食は、フレンチのコース。メインはステーキをチョイス。隣の高齢者団体が居酒屋のノリでうるさかったのが玉にキズだった。白ワインを飲む。ビールは部屋飲みに回して。2時間ゆっくりとデザートまで食べると満腹感が出た。

ステーキの後にパスタが出るのがちょっと不思議だ。それぞれ十分に美味。静かにゆっくり食事をするのには向いている。

部屋に戻って、集まってちょっと飲んで11時前には就寝。

2018年11月17日 (土)

ウインテクスキークラブ オン突飲み会 メット購入

11月17日(土)

ウインテクのオン突が神保町の「ラム・ミート・テンダー」でありました。

まあ、スキーシーズンに入る前の飲み会です。

ここで神保町に行くというのが、悪魔の誘いがあり、つい石井スポーツでなんかスキー関連グッズを買ってしまいます。

今回は、石井スポーツに行ってみると、同じクラブの人の顔もみましたが、メット売り場で店員さんとつい話して、サロモンのメットを速攻で買ってしまいました。

毎年、買わないとなあと思いつつ4年くらいたつので、まあ、いいかなと。この時期に買わないと、今年もまあいいかになってしまう。

買ったのは、サロモン QUEST ACCESS L ブルー

Photo

で飲み会は、神保町の交差点からすぐの大通りに面したお店で、最近はやりの肉バルですね。久しぶりに牛肉、ラム肉をガッツり食べました。前菜、サラダ、デザートで飲み放題5000円は、CPは十分という感じ。

「ラム ミート テンダー」

外から良くがよく見える店内は、入りやすい。お店のスタッフの接客もいい。土曜の夕方でも、満杯という人気店だ。ラムは食べやすい。

Photo_2


Photo_3


Photo_4

食べ過ぎて、翌日、胃もたれでした・・

足して飲まなかったのですが、生ビール、ハイボール、カンパリソーダ―、コークハイ(ジョッキ!)、翌日、頭痛と食欲無しと二日酔い。やれやれです。

2018年10月15日 (月)

スキー板(ハートST SP2)取りに行く・ゴルフ気づき

旅行の後、一休みしてから、アルペンにスキー板を取りに行く。

HART Circuit ST DEMO SPⅡ マーカー VFSプレート 

ブーツ長に合わせて(サロモン305㎜)金具の調整をして、すでにプレチューンとベースワックスは塗ってあるとのこと。さすが限定品。

Sp2

スキージャムの試乗記で管理人さんから高評価だったので、試乗せず、7年ぶりの新板に決めました。

その後、イトーゴルフで練習。5時過ぎに着いたのだが、かなりお客が待っていて2階の6番目。

●左にひじが引けるので届かなくてトップする。

  →インパクトで左ひじを伸ばす。

      ミート率が良くなり球が上がるようになった。

帰り際に、ときどき遭遇するカップルを見かけるが、あえて声を掛けずに素通りして帰った。

 

2018年6月 9日 (土)

アルペン スキー早期受注会に行ったら

今シーズンこそはウエアを買い替えないとダメなので、

アルペンの早期受注会初日に、関町店のK氏が居るのを見計らった行ってみた。

ファブリスが値段手頃で、デザインもまあまあなので、早速注文する。

デサント、フェニックス、ミズノも材質はいいのだが、今一つピントくるデザインが無い。

イエローと何かの色、オレンジかレッド系が好み。

K氏が見に来てくれて、アドバイスをもらいながら。ファブリスもいいではないかと。

ブルーとイエロー。パンツのサイズをウエストO、長さMという短足サイズで発注。

板も見て居たらK氏の悪魔のささやき、

ハートのDEMO版の限定モデルの在庫が1本キープしてあるんですよ、どうですかと。

評判のいい板であるし(ski jam推奨)、そんなに高くない(オガサカとかアトミックと比べてだが)。 ・・買う!

ハート Circuit ST DEMO SPⅡ VFSプレート

ウエアがファブリス、板がハートとアルペンの手先みたいになってしまったが、

何といってリーズナブル。いろいろ値引きしてもらって、●○万円。

試乗していないが、まあ何とかなるだろう。

2018年3月11日 (日)

苗場スキー ウインテク

3月10日(土)晴れ

 4時20分に起床。早朝に起きるのがだんだん堪えてくる。4時50分に車で出て、花小金井のS夫妻のマンションに向かう。5時10分着で所沢ICを目指して小金井街道を北上し、6時前に関越に乗るが、すでに坂戸近辺で事故渋滞。

のろのろと30分以上かかって坂戸の事故現場を過ぎると、追い越し車線で追突。

そこから先は快調に走って、赤城高原で休憩、朝食タイム。

月夜野で降りて17号をひた走るが、結局、三国峠も雪道は無し。

8時35分に苗場、ムサシに到着。新幹線組もすでに到着していた。

ゲレンデに出てみると、前日の雨のため、カチカチのアイスバーン!エッジが丸くなっているのか、テールがずれまくる。

昼食は、中華で苗場飯店で、イカチリ定食。1600円はちと高いがゆっくり食べられる。

午後は、1級の検定があり、何となく前走というか見守り。

その後はフリーでが、硬いバーンはあまり楽しくない。エッジが噛まないのは、チューンアップが甘かったのかな。

4時に迎えに来たてもらい終了。夕食は、鍋のたにがわ。今年で最後というのだが残念。

宿のかえってからの部屋飲みも、すぐに眠くなって10時にはリタイアして布団に入ってしまう。

11日(晴れ)

暖かいスキー場、雪はゆるゆるとなる。これはこれで、足が疲れる。

ゴンドラで頂上に行くも、雲の中で見晴らし無し。大斜面も荒れ気味。朝一は良かったんだろうなあ、春スキーはあさイチ勝負なのだ。

今回は、どうも板に乗るポジションが悪い。アイスバーンのせいか、後ろに乗りっぱなしで、板が回らないので、無理に回してしまい、またズレてしまうという悪循環。

今年の準指導員合格者のSさんのレッスンで

●ターンは腹筋に力を入れろ。息を吐け。

は良かった。Sさんは滑りが自然となり格段に上手くなっている。

2018年1月21日 (日)

舞子・五日町 ウインテクスキー

1月19日(金)晴れ【舞子スノーリゾート】

休暇を取ってGさんと舞子スノーリゾートに行きました。ゆっくり7時半に迎えに来てもらい、関越は大泉からのりました。平日の朝は、大泉まで1時間近くかかってしまう。

途中、上里と土樽で休憩。上里では久しぶりにスタバでラテを飲む。スチームミルクが美味しい。土樽では、コンタクトレンズを洗面所のあるところいれる。日帰りスキーは、車内でコンタクトを入れるのは難しいので。

塩沢石内ICで降りるも路面に雪は全くない。曇り。舞子パーキングにくるまを止めて、その場で着替えて、ゲレンデに向かう。舞子で滑っているMさんからリフト券の無料券をもらっていて助かる。

Maiko1


Maiko2


Maiko3


舞子エリアのクワッドリフトに乗って滑っていると、Mさんと合流。Mさんの友人も一緒。

もっぱら、クワッドとトリプルに乗って、足慣らしにはちょうどいい緩斜面を専ら滑る。
事実上の初すべりなので、テールを振りまくりだが、ブーツが新しいのでともかく板に乗ること、荷重のポジションの確認。

昼食は、ゲレンデの中にある「プリンセス」でカレー。同席のひとにカレーを分けて入れられたので、大盛り状態で食べ過ぎだ。

気温が上がり、雪質が春スキー状態のもさもさになって、疲れてくる。3時半で終了して、いつ五日町のまさひろかんにMさんを乗せて向かう。4時半には到着して、ビールを飲んでゆっくり過ごす

1月20日(土)晴れ【五日町スキー場】

晴れで、春スキーの陽気。

Photo


Photo_2


前の晩に夕食のときに飲んだ日本酒が、残ったのか、頭痛に襲われる。

Photo_3

朝食は、和食。まさひろ館は、もう20年位通っているが、宿のおばさんが倒れてしまったということで、料理にも影響が・・帰りにいつもてづくりパンが楽しみだったのだが・・

クラブのレッスンは、基本的なことをしっかり教われるので良い。

今回は、Nさんが講師で、テーマはターンの前半のエッジのとらえ。

ターンに入る前に、身体を前に伸ばして、トップのとらえを感じるのがいい。

・ターンの後半でテールを降りだして回らないこと。

・ずらしながら、エッジが立つ感覚で。自分からエッジを立ててターンしないこと。

・手で体を振り込んで、ターンに入らないこと。一瞬、待つ。指さしターン。

昼食は、牛丼とアイスクリーム。

午後も、基本練習。地味な基本練習が、滑りの質を高めて、気持ちよく滑れる。その後の、フリーで滑ったら、トップが早めにかみ、ターンの前半が意識できて、スピードコントロールも楽になった。

ポジションが少し後ろになるのは、いつものことだが、ブーツの荷重ポイントが踵の前あたりに感じられるのが、とてもいい感覚だ。当たるところもなく、サロモンのニューブーツは大正解であった。

若井食堂のかじか酒は、今回は見送り、4時の送迎でGさんと宿に戻る。

宅急便で送る、板と靴のパッキングをして、6時に宿を、Gさんの車で出て、浦佐駅まで送ってもらう。宿から10分で着いてしまう。新幹線は18:48発。

指定席はわりと空いていた。1時間半はあっというまで、カツサンドを食べる暇もなく、到着し、東京駅からの中央線も空いていて、9時に帰宅。

スキーは、滑りだしたら、余計なことは考えず、ストレスが残らないのが、メンタルにとてもいいな。

ちょっとつかんだものがあったので、今シーズンもあと2回くらいは行きたいものだ。

【スキーウエアは寿命だ】

夕方、雨がぽつぽつきたのだが、ウエアとくにパンツの防水は全く効かなくなっている。

シーズン中でも、アルペンとか、石井とかいって、買ってくるかなあ。

より以前の記事一覧