2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを張るリスト

文化・芸術

2005年8月19日 (金)

伯林大都会交響楽

伯林大都会交響楽をセシオン杉並で聞く。

知り合いが運営のスタッフで切符を買うことにした。

タイトルは1920年代のドイツの無声映画で、それに高瀬アキ、シュリッペンバッハ、イルヴァイヴ(DJ)で音楽をつける。キネマ&ムジ-クが第1部。

当時の伯林の1日を追ったドキュメントタッチの無声映画。画像はなかなか興味深い。

音楽は即興・フリー系だが、ターンテーブルの音が映画によくマッチしている。後で紹介で高瀬アキの息子であったのには驚く。途中少し寝てしまった。

2部はジャズ&ポエトリー

白石かずこがくるはずが急病でキャンセル。

ここでは、伊藤君子(Vo)と柴田暦(VO)が入り、ぐっと聞きやすくなる

ベースに井野信義も加わりぐっと、ジャズの匂いが出る。やはりジャズはベースだなーと痛感する。

柴田暦の声はいい。つややかで伸びやか。味はベテランの伊藤君子が上だが。

楽しげに、そして高瀬の演奏も乗ってくる。楽しくコンサートは終わった。

高瀬アキのトリオが聞きたいなと思う。