2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを張るリスト

グルメ・クッキング

2007年11月10日 (土)

新宿で「串揚げ立吉」

金曜の夜に、職場の関係で宴会を新宿の串揚げ「立吉」で。

4人で行って見ると、食事のメニューが無い。

そう、わんこそばのように次々、串揚げが出てくる。
ストップというまで、出てくる。

小ぶりな串揚げは、40種類くらいありなかなか 旨い。
が、やはり串揚げとお通しのキャベツだけでは、飽きてくる。
30本近くでストップ。1本170円均一。うーん、飲んで、しっかり食べるとあんまり安くはないなあ。

でも、面白い店でした。

飲んだ面子は、私の前任者と前前任者ともう1人。
内輪仕事話で盛り上がる。

長居はできなかったし、2次会に行くほどの気も起こらず、
帰路に着いたので、8時30分には帰宅。

2007年6月29日 (金)

ポルトガル料理in渋谷

6月末に、渋谷にポルトガル料理を食べに行きました。

「マヌエル・コジャーニ・ポルトゲーザ」
場所は、東急本店の裏。こじんまりとした小さな店だが、気楽な感じがいい。(店内はちょっと狭いかも)

料理(鰯の焼き魚!とか)は素朴だが、なかなか美味しい。ポルトガルワインもいける。

ぜひ、また行きたい店でした。

2006年10月25日 (水)

浜田山 元気食堂 じゆう軒

Dscf1330 ウインテクスキークラブ区役所チームの飲み会
特に理由は無いが、いい店なのでいってみようということで。

浜田山から5分ぐらい、セイユーの裏手にある、隠れ家や的な和風居酒屋。
看板がなく、入り口が昔の民家のような引き戸の古びた小さな扉なので、分りにくくなっている。一Dscf1332 見の客は絶対に入ってこない。

中は、まず、靴を脱ぎ、カウンターとテーブルが3つぐらいか、奥に個室風の8人ぐらい入るテーブル。薄暗い雰囲気、カップルなんかにはちょうどいい暗さか。

料理は無国籍風、刺身はなかなかいい、秋刀魚の刺身のあぶり焼きなど珍しい、鳥もものローストなど美味。料理のコースで2000円はお徳といえよう。(予約である程度の人数以上らしい)

えびす生、紹興酒、芋焼酎お湯割り2杯で、ほろ酔いとなり。10時前にはお開き。

浜田山というややマイナーな駅だが、隠れ家居酒屋としてはベスト。

また、誰かといってみたいと思わせる店だった。

2006年7月13日 (木)

西荻窪 三人灯

Photo 7月13日木 曇り夕方雨少々で非常に蒸し暑かった。
店が7時からなので西荻改札に6:55集合、面子はウインテク区役所チーム宴会メンバー。

ここ、三人灯は、毎年1泊テニスで何度も行っている、道志・山光荘の次男がやっている店ということで、飲みに行くことに。

幹事のYさんは以前にも来ていて、慣れた感じだが、2 店は西荻の南側で荻窪に少し戻る。入り口には看板も無く、知らない一見の客や変なオヤジはまず入らない。隠れ家的カフェ。

1階はカウンター、2階にテーブルとソファ。シンプルで質素な感じがおしゃれ感あり。いかにも西荻的な店だ。

2006032f252f442fc00744445f9482362ejpg うちらは6人なので6人がけテーブルで、ビール、ワイン。料理はメニューは少ないがしっかりとした味で美味しい。量を求めてはいけない。

客層は、近所の30才台くらいが中心、騒ぐような若者も居ない、落ち着いて読書や物思いにふけられる。静かで落ち着いた店。

ワインは、ボトル1本3000円。スペイン、チリ産だが値段からすれば十分な味。6人で4本。ちと僕は飲みすぎたようだ。うこんのおかげで二日酔い一歩手前。次の日は気持ちは悪くないが頭がすっきりしない(十分二日酔いかも)

でも、センスのいい、いい店、結構混んでいるようだ。