2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを張るリスト

ゴルフ

2019年5月 5日 (日)

連休8日目 サンメンバーズでゴルフも雷雨

5月4日 土 晴れのち雷雨

【サンメンバーズでゴルフ】連休8日目

他のメンバーは宿泊してるのだが、3人だけ日帰りで参加。5:45にTさんに迎えに来てもらい、Sさんを乗せ、中央高速に乗る。

6時過ぎなのでまだ渋滞はしていないが車は多く渋滞の一歩手前。石川Pで休憩したところ事件が起きた。

Tさんのパサートの電子キーが反応しなくて開錠できない!機械式キーがあるのでそれの鍵穴を探す。運転席側のドアの取っ手のカバーを外して、鍵穴をは発見。で鍵を入れても回しても反応が無い。困った。やむなくフォルクスワーゲンのサービスのコールセンターに聞くと、鍵がかなり固いので思い切り回すようにと教わり、ようやくロック解除!よかった。

ゴルフ場には8時に着。0925スタートなので余裕である。連中も十分でスタートすると最初のティーショットでチーピンである。やれやれ。

なんとなくダボというホールが続く。ショートパットを外して3パット。セカンドをチョロたり、バンカーでホームランとザックリありで54である。DRはその後はまあまあなので、もったいない。セカンドのアイアンが当たらかったのが良くなかった。右足に体重が残っていたようだな。

いいてんきのなか、昼食にエビフライカレーを食す。最近、カレーが美味しくなったのは朗報である。

後半スタートすると雲行きが怪しい。黒い雲が北から降りてきて、2時過ぎには雷がなり中断、まだ1ホールしかやっていないぞ。避難小屋はふきに家で冷たい風が寒い。しかも3パーティー、9人くらい人が入りぎゅうぎゅうである。雨がやんできたので再開かと思ったら、まだ雷雲が北にあるようで、雷雨でクローズになってしまった。それからカートでクラブハウスに向かって淡々と走る。体が冷え切っていたので、お風呂に入って温めてようやくほっとしたが。料金は荒天割引1620円ということ。

4時に出発、帰りは国分寺のSさんに載せてもらう。高速は渋滞表示だがまあまあ流れていて、早くついた。

5時に起きてハーフをやって終了という不完全燃焼な日であった。

 

 

2019年3月 2日 (土)

ゴルフ1月ぶり クラブが重い!

3月2日土晴れ

日曜にやるはずのゴルフだったが、幹事が日曜の方が天気がいいということで変更して土曜10時スタートになった。(結果的にナイスな選択だった。日曜は朝から冷たい雨・・)

7:45にASさんに迎えに来てもらって4人乗って、いつものサンメンバーズに向かう。高速が事故渋滞でちょっとあせったが、9時30分には到着。練習ができなかったが。まあいいか。

花粉大量の予報もあり、マスク着用でプレーする。

スタートはDRを引っかけ、寄らず、4パットでダブルパースタート。アイアンがトップしないので一安心だが・・。アプローチが悪い。ザックリ。やれやれ。

3番でショートで、チョロって崖に落とし、ワンペナで、そこからザックリ。

前半は、それでも、9番で、実はロストだったのだが・・おまけで4で51。

昼食は、かつ丼。

気楽な仲間とのゴルフなので、のんびり談笑しながら、いい天気の中を歩くのは気持ちがいい。

後半イン、12番のパ―3で7叩く、これは痛かった。ショートのティーショットのアイアンでなぜチョロってしまうのか。

全体的に、パターが良くない。やはり中尺か、重めのヘッドのパターに戻すか。

後半は、大叩きが2回あり、51. 51・51の102とつまらないスコアだが、アイアンがしっかり芯を食ったショットが多かったのが収穫。

50肩で左腕が上がらないのが、左脇が締まっていいのかもしれないが、後半は、クラブが重く感じて振れなくなってしまった。

アプローチとパットを練習しないといかんなあ。と実感する。

帰宅後、疲れ切ってしまい、ひな祭りのちらしずしを食べて、そうそうに就寝。

ゴルフをやるとその後、頭痛がするのは、なぜだろう、嫌な感じである。

2019年2月 3日 (日)

飯能パークカントリークラブ

2月3日(日)晴れ 暖かな日より

職場関係の人が、この近所に住んでいて親族がメンバーとのことで、飯能でラウンドです。

下道で1時間ちょっとと近くていいです。

Photo

初めてのゴルフ場ですが、落ち着いたたたずまいのクラブハウスは歴史を感じます。

レンジもしっかりあって練習も十分できました。

Photo_4

10時12分スタートでしたが、10時にはスター。ト後ろはいません。月例があったとかで組数が少なかったのか、のんびりとプレーができました。

コースは短めで、ティーショットは、フェアウエイが広々としていて気持ちがいい。

Photo_2
Photo_3


グリーンではピンフラッグを抜かない新ルールはスムーズに進行できていい感じです。

でも、グリーンに近づくとバンカーとか、グリーンも速くて、アンジュレーションもあって下りは神経を使います。 4パットもやってしまいました・・・

昼食は、メンチカツカレー。カレーはまあ普通の感じで・・。

後半ものんびりペース。風が出てきて少し寒くなってきたが。パーも2つとったのは、朗報。

谷越ショートも谷に落とさず、まあまあ。

結局52・51 103でしたが、ショットの質は良くなって来ましたので、練習あるのみです。

帰路は、青梅ICから圏央道・中央高速でさくっと帰宅。

左肩の痛みが取れないと、思い切ったスイングができないので、やはり冬は無理しないようにしようと。

2019年1月20日 (日)

ゴルフ気づき 腰を回す

14日のサンメンバーズは、前半60でぼろぼろ。なんでアイアンで頭を叩いてチョロするのか?
腰を回して、インパクトするのが正しいとプロギアの本に書いてある。

そうか、体重が右足に残るのはそのせいかも!
試して見ると、腰は思ったより回らない。

多少回ると、左に引っ掛からない。
ただ、左前腕が回せないとフェイスがひらいて右にでる。

インパクトまで、右足裏に体重を残すイメージがいい感じで打てる。

2018年12月30日 (日)

打ち収めは サンメンバーズで

12月30日 晴れ

今年の打ち納めは、サンメンバーズで。

スタートが9時26分ということなので、7時半にSさんに迎えに来てもらい、中央高速で上野原まで。空いている。8時20分着。とりあえず1かごレンジで打つ。

日が出てきて思ったより暖かい。スタートホールはお約束のチーピン気味に引っ張りショットだ。

Photo_4

【パターのグリップはクロスハンドで】

今回は、パターはクロスハンド(逆手)で行くことにした。ボールの回転がいい、ショートパットでしっかり打てそうだからだ。結果的にこれは、とても良かった。パターのタッチは合格点。これからも、これで行くことにしよう。

【ショートホールのティーショットが課題というか酷い】

3回、6打。まともにアイアンが当たらず、チョロとかOBとか。

原因:おそらく、

 ①右手にインパクトで力が入る。 

 ②左ひじが引ける。 

 ②上体が起きる。

 ③右足に体重が残る。

 

このうち、どれが根本的な原因かはわからないが、肩がスムーズに水平に回らないこともあるだろう。

52・52 104

パットはまあまあ入ったし、UTでの寄せも上手くいった方で、スコアよりは満足感はある。

セカンドショットでUTかFWを使えるように、使うようにしたい。

5時前に出発して6時前に帰宅。

2018年11月14日 (水)

安林プロ クリニック ・・足を使うこと

先週の2ラウンドも、右足に体重が残りボールの頭をたたく癖が頻発して、これはいかんと、レッスンを受けにいく。

ときどき行くと、「変わっていないね」との一言。

「下半身が動いていないので、右足から左足に体重移動ができていない」

だから、左足裏が動いたり、ダフる。

「肩がしっかり捻転できていない、スタンスでつま先を開いて構えて。」

→これは、効果がすぐにあった。ダフリにくくなった。

「右足の足裏を意識して動かす。フィニッシュでは、つま先で立つ。」

「右足にしっかり乗って・・左に蹴りだして、左足に乗る」

「下半身を、足を、右から左にという意識を常に持つ」

「ショートアイアンが左に行くのは、アウトサイドインのスイングだから。インサイド・アウトの意識で振りぬく」

自分的には、左ひざ、左の足裏を動かさないことだが、下半身が止まると左に行く。

下半身を動かせないと、上半身のスイングのことは言えない、とのことです。

まあ、下半身が動かせたときは、そこそこの当たりになっているので、そういうことなのでしょう。

2018年11月 8日 (木)

鳩山カントリークラブ

メンバーのN氏に誘われて、行ってきました、鳩山カントリークラブ。

天気も良くていいゴルフ日和。

いつものSさんに6時35分迎えに来てもらって、荻窪のWさん経由で関越に乗る。

家から荻窪までの道がやや混んでいたが、ナビの指示通り、五日市街道を荻窪小のとこで曲がり、宮前3丁目を通り、まっすぐ、区民センターの通りに出るショートカットが良くて、7時15分に荻窪着。

8時15分には、鳩山CCに着く。早い。

練習場も広くて快適、アプローチ、バンカー練習場もある。さすが、名門コースだ。

スタートは9時30分。いっしょに回ったN氏が、青ティーでやろうというので、少し後ろからとなる。まあ、ダボでいいと思っているのでいいかなと。

内容は、セカンドでアイアンで打つのに、チョロっていたり、アプローチでトップ、バンカーでホームランと、内容が良くない。

53

昼食は、石焼海鮮焼きそば。美味。

後半も、似たような内容で55。トリプルが合計5つでは。

速い速いと聞いていたグリーンは、それほどではないが、下りは、外すとかなり行ってしまった。

久々にキャディ付き。若いキャディさんは派遣とのことで、グリーンの読みはいまひとつかな。

それでも、居たほうが楽ではある。上手な人と一緒に回るとリズムとか勉強になる。

指導もあり「右足に体重が残ってるよ」

53・55 うーん、3パットとアイアンの精度。距離があるとFWが打てないのは痛い。

4時にはあがって、それから高円寺で反省会となる。「真佐」で乾杯で締める。

2018年10月27日 (土)

塩原カントリー うーんダメだな

10月27日土 朝は雨・曇り

西那須の塩原CCに行きました。

朝、がっつり雨でカッパ着用の雨使用でスタート。

だんだん、雨も上がり、午後には青空も見える。

8:21から3組でスタート。いきなりチーピン。アイアンは頭をたたくトップ多発。昔に戻ってしまうのはなぜだろうか。コンタクトレンズでボールとの距離感が悪いのだろうか。

左足に体重が乗らないのだろうが、修正ができない。腕に力が入るとそうなる。

砲台グリーンは距離感がつかめない、ウエッジが当たりが悪くて飛んでいないのかもしれない。

DRはだんだんと良くなるも、2ND が、アイアンもって、ミスって飛ばないのでは、しょうもないな。

良かったのは、グリーン回りのアプローチで9Iでの転がしが良く寄ったこと。

昼食は、つい、カツカレーを食べてしまう。カツが美味い。

午後はいい天気だが、スコアは変わらず。

結局、54・55 やれやれ 新ぺりでブービーである。感じで気づかれしたということにしておこう。毎年、このコンペの幹事なのだが、スコアが良かったためしはないな。

帰りは、東北道をひた走り。AさんのXトレイルの新車の、自動運転は実に楽ちんだ。アクセルのコントロールを自動にしてくれるのは、かなり楽になると思った。渋滞も怖くない。

次のうちの車は、アイサイト必須の車選びだな。

2018年10月19日 (金)

久しぶりのサンメンバーズでゴルフ

10月19日 金 曇りのち雨

8月末以来のゴルフは、ホームのサンメンバーズで、スキー・ゴルフ仲間のY会長とN先輩と3人で。

天候の予報が悪く、雨模様で気をもんだが、何とか曇りの予報になり、決行する。

白糸台にYさんを7時半に迎えに行って、サンメンバーズに8時半には到着。平日は空いていて速い。

すでにNさんも到着してレストランで一緒に朝食をとる。

曇りの中日も差していて、悪くないコンディションで前半10時にインスタート。

スタートホールのDRは右にふかして、出すだけで、何とかダボスタートはお約束だ。
その後は、ダボ、ボギーの連続で、池越えのロングも、当たりは良かったのだが、左に引っ掛けて池ポチャでダボ。結局、50.は、まあしょうがないかなと。

昼食は、焼きちゃんぽん。これは結構気に入っていてよく食べている。

後半は曇りで、気温が下がっている。怪しい雲も出て、2時半から雨の予報。

2番で、アプローチのトップが連続で出て行ったり来たりのトリプル。うーん。

6番で、セカンド150Yが7Iで予想外に飛んで、パーオン。パーが取れたのは嬉しかった。

後半49で、50・49 99 と。

DRでチーピンが出なかったのは良かったが、その分右にふかしてしまったのは課題。

アプローチで、左足上がりで、トップするのは何とかしないと。

ゴルフ場内で、台風の強風のため大木がごろごろ倒れていたのは、衝撃的だった。

Photo_10


帰り道も、快適に高速を走り、Yさんを送って6時過ぎに帰宅。

2018年8月29日 (水)

軽井沢高原ゴルフ倶楽部

今年も8月末に軽井沢高原ゴルフ倶楽部に行ってきました。

 朝からいい天気。軽井沢の北の山の上なので、最高25度とさわやか。

午後、いきなりにわか雨、雷雨。一時雨宿りしたが、しばらくすると青空。

が、DRは引っかけ。アイアンは、頭叩き頻発と、以前に逆戻り。

パターは入らない。アプローチは、トップ、OBといいことなし。

原因は、左の脇があき、肘が引けた。顔が早く上がりヘッドアップ。

そんなとこかなと。最後の3ホールぐらいで、ティーショットも良くなりましたが、ともかく、

トリオプル、とダボでは、110(53・57)もやむなしです。

昨年は99だったのに・・

下半身、左腰が動かないと、当たらなくなるようです。

当日、レンジでの練習は、身体を動かすために、自分には不可欠のようです。

より以前の記事一覧