2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを張るリスト

ゴルフ

2020年9月11日 (金)

大月カントリークラブ 先輩の快気祝いゴルフ

金曜に平日休んで、Nさんの快気祝いゴルフに。

面子はいつものY会長夫妻という、気のおけない仲間とののんびりゴルフです。

自宅発5:35、Y会長宅5:50 中央高速府中インターからのり、談合坂スマートインターまであっという間に着く。

サンメンバーズを通り越し、山道を下ると、6:50には大月カントリークラブに到着。

スタートは8:12なので食堂でコーヒーを飲み、レンジで球を打ち。

Photo_20200913194801 Photo_20200913194802

大月カントリークラブは、銀行が経営と聞く、接待にも使える、高級感がある、いい雰囲気のゴルフ場だ。

駐車場に屋根があったり、運転手用の食堂があったりする。

ロビーからは富士山が正面に見える、ロケーション。

Photo_20200913194901

ゴルフは最近内容が良くないので(もちろんスコアも)、球を低く打つこととかラフは小細工せずに下の芝をばっさーっと刈るように打つ(カワナミレッスンで教わる。開いたりしない方がいいと。)

平日の金曜で、ゴルフ場は空いている、前も後ろもくることなく、気持ちよくプレーできた。

Photo_20200913194902 Photo_20200913195001

スタートは、ティショットはまあまあだが、アプローチでもたもたしてダボ。ボギーペースで行き、トリプルを打たず

47

DRをチョロせず、バンカーに入らなかったのが良かった。6UTが活躍してくれて、セカンドはもっぱら6UT。

5Wも使ってみたら、なかなかいい当たりで距離が稼げてびっくり。そこから、乗らず入らずでしたが・・

さほど暑くならずいい気候だ。昼食は、五目あんかけ焼きそば。これはまあまあか。

Photo_20200913195002

後半は、バンカーで出ず、トリプル。砂が柔らかくて、深くヘッドがはいると抜けないのだ。スパンと砂を飛ばせないとでない。

アプローチのトップもでてしまう。これも、スコアを崩す原因だ。

18番では池越えのショートで、ぎりぎりに落ちたが、飛び石効果で、なんとか池を超える。

50 47・50の97 久しぶりの100切りでほっとする。

【大月カントリークラブ感想】

ティーショットにプレッシャーがかからない、広く見えるフェアウエイが好印象。傾斜も少なく、グリーンも砲台グリーンではない受けグリーン。気持ちよくプレーできるいいコースだ。いつも行っているサンメンバーズよりは、だいぶ気持ちよく打てる気がした。

家でパットの練習したこと、UT、5Wが当たるようになったことが良かったようだ。

ラフは深く入ったら、欲をかかずにPWで前に出すことで良しとしないといけない。芝に浮いていればウッド系で打てる、そこの見極めが大事だ。

2時過ぎにあがると遠くで雷が響き、晴れているが天気雨が降ってくる。

高速も空いていて、白糸台経由で4時前に帰宅。平日のゴルフは実に楽でいい。

 

2020年9月 6日 (日)

サンメンバーズでミニコンペ 中央道と20号が通行止めだ

9月6日 日曜 
【サンメンバーズのコンペも行くのが大変】

サンメンバーズでコンペであったが、

朝、中央高速が八王子・上野原で通行止め、しかも国道20号も相模湖近辺で通行止めという
ダブルパンチ。てっきりコンペも中止かと連絡を待っていたら、すでに向かっている人もいるので決行とのこと。
高速は圏央道相模原で降り、道志道に入り、そこから藤野に向かう山道にはいった、3桁国道ではあるが。ナビが指示するので多くの車が通り、向こうからも来るが道は狭く車が行き違えない場所もあり、渋滞。しかも、鉄柱の2メートルのゲートがあり、そこでもすれ違えず渋滞と進まない。なんとか降りてくるも、4トントラックが動けなくなり通行止めとの情報で、う回のしてようやく秋山川に沿って、国道20号につく。
結局サンメンには2時間遅れの11時着、で11時20分スルーでスタートとなる、昼食は抜き。コンビニのおにぎりのみで腹ごしらえ。
【池ポチャ ヘッドアップか、右に残るのか】
ゴルフの内容は良くない、アイアンがトップといういつもの病がでる。ラフからもしっかり出せない。2番では刻んで池の前から2度池ポチャ・・とほほ。
アプローチも良くない。58度ドルフィンウエッジはバンカーが修理地扱いで打てず、普通に打つと距離感が合わない。手を返すのか返さないのか。いずれにしても右足に体重が残ってはトップしかでない。
【低い球を打つつもりでちょうどいい】
良かったのは、DRが一発よく飛んだこと。ちょろもでたが、低めのティーで低く打とうという意識がいいようだ。アイアンも低く打とうとしたら、ま芯に当たりよく飛んでびっくり。
 
5Wが当たった。ライが良かったので、ロングの第2打で打つと、いい当たりが出る。ウッドで当たるなんて記憶にない。左足に乗り手を返すことか。
【ラフからの打ち方がわからない】
アプローチが曲がる。100ヤード以内でどのウエッジを持つのか悩む。アイ2の新作を入れるか。
【低い球をフックとスライスで打つ】
最終18番で左に打ってしまい、そこから低く打てず3回連続で気に当てるというザマ。
低い球を打つ練習、UTで打つ手間を惜しまないことか。ショートアイアンが左に行くのをなんとかしよう。
4時半に上がり、表彰式と食事で6時には帰路につく、高速はがらがらで国立のUさんち経由で帰宅。力が入りすぎているのか

2020年8月23日 (日)

レイクウッド サンパーク明野 久しぶりに

8月20日(木)晴れ猛暑

レイクウッドサンパーク明野に久しぶりに行きました。

3回目くらいかな。

Photo_20200823202101 Photo_20200823202102

9時スタートで、家を5時半に出発し、国立にGさんを6時に迎えに行って、国立府中から高速で韮崎に向かう。

平日なので空いていて、双葉で休憩して、8時にはゴルフ場に到着する。晴れてて暑い。でも高原の暑さで風がさわやかで、正面には南アルプスも見えて気持ちのいいゴルフ場だ。レイクウッドのゴルフ場はどこも気持ちのゴルフ場で好印象。

今回のメンバーは、Y会長夫妻とGさんといういつものスキー仲間である。

一応、レンジで1かご打ってからスタートする。

今回のラウンドは、熱中症にいかにならないかが最大の命題であるのだ。大抵、夜から頭痛がでて調子が悪くなる。

今回の対策:氷のう(大きいもの)、ネックアイスアイスノン、経口補水液(4本)、水筒(1ℓ麦茶)、アミノバイタル、冷気スプレー

      頭痛薬(終了後頭痛が出る前に飲んでしまう)

今回の新兵器は、練習場のゴムティーをさせるようにした変態ティー、ライトの「練習場名人ティー t-90」というのもの。店頭にはなかなか無いのでアマゾンで注文する。ゴムティーにティーアップすることで練習場と同じようなメンタルで打てるというもの。抵抗は増えて飛ばないかもしれないが、精神的にいいような気がして使ってみることにした。

4194ecraxjl_ac_

25ミリくらいの高さなので、ティアップが高い人には向いていないが、浮かしてティーアップすれば普段の32ミリくらいの高さになる。

結果的に、これは成功だった、DRの当たる率がずいぶんよくなった。ただ、ゴムティーを打って飛ばしてしまうことが多く探すのが苦労したので、紐でもつけるかな。

Photo_20200823203701

前半は、3パット5回では・・ショートパットが入らない。打てていないのだが、わかっていても打てない。52

昼食は冷やし中華、これは美味。

Photo_20200823203601

ともかく給水と頭や手首、首を氷のうで冷やし、クールスプレーをかけまくる。それが効いたのか、熱中症にはならず、最後まで、集中が切れずにプレーできた。パー5で3オンしたパーが取れたのは嬉しかった、やはりDRが飛ばないとパーが取れない。

後半パットは少しづつ良くなるも、バンカーでホームラン、その次はバンカーから出ず、いずれも大叩きで、結局52である。

ここは、池も多く、フェアウエイもうねっていて常に傾斜から打ち、距離がある上に、グリーンもアンジュレーションがおおいという、タフなコースである。スコアは、まあしょうがないが、ショットの質はバンカー以外は、まずまず打てたので良かった。

ともかく、バンカーショットとパターを練習しないと。

帰路も順調、高速は釈迦堂から談合坂までGさんに運転してもらい、アイサイトで楽ちんに運転して帰宅した。

帰ったら居間のクーラーからドレン水があふれて、機能停止していた。

2020年8月10日 (月)

蓼科で1泊2日・ゴルフ

8月1日~2日 土日で蓼科にゴルフ 3人で

6時にAさんに迎えに来てもらい、Sさんを給田で載せて一路、蓼科、高速のインターは諏訪南だ。

車は相模湖までは多かったが、大月から先は空いてしまった。双葉で朝飯休憩。ソーセージパンを食す。

初日のコースは、三井の森蓼科ゴルフ倶楽部。ここは何回か回っていて経験はある。

Photo_20200810144701 Photo_20200810144702

9時に着いてスタートは10時20分と余裕があったので、レンジ(ここは短くて40Yくらいの大きな鳥かご)で1かご打って、パター、アプローチ場も充実して、バンカーまでたっぷりと練習、練習は大十分。

天気は高原の空気に青空と、いうことはない。

スコアは、51 まあまあか 昼食はそば コロナ対策で横一列に並んで食事

Photo_20200810144703

後半も、たんたんとダボペース、最終ホールでトリを打ち51は残念。

宿泊は、ロッジが満員だったので中京大学セミナーハウスに泊まる。学生寮みたいなとこかとおもったら立派な保養施設。

Photo_20200810144801Photo_20200810144803

食事も、スタッフが多くて和食コースもなかなかなもので満腹。11時前に就寝。3人同室だったので真っ暗で寝るか少し明かりがいるのか意見が分かれる、真っ暗は嫌なので、少し隙間からの明かりで妥協してもらう。

2日

フォレストカントリークラブ三井の森

8時54分スタート 朝食を食べてすぐにコースに行く、10分くらいで着く。昨日のコースよりはかなり標高の高いところにある。1500メートル近い。天気も良いでも暑くはないという言い訳できない状況だった。

Photo_20200810144802Photo_20200810144901

が、昨日の疲れか体の固くなっていて、ドライバーが振れない、先っぽに当たったりでろくに前進できないのが3ホール。8・8・8である。

ラフは深い、フェアウエイも洋芝でダフると厳しい。きれいなゴルフ場は罠があるものだが、高原のさわやかなコースで悪戦苦闘である。

前半57 昼食にあいがけカレーを食べて、後半もトリスタート ティーショットが振れなくなっている。アイアンで打った方がいいのではないかという内容。なんとかダボペースで後半52。

Photo_20200810145001 Photo_20200810145002

Photo_20200810144902 Photo_20200810144903

体力、身体のストレッチが大事と痛感する。仲間ですがすがしい高原でゴルフができることに感謝である。

帰りは高速は談合坂からいつもの渋滞。 Aさんは今日でゴルフが3連チャンなのでお疲れ気味、高速道路は運転を交代して帰った。

Xトレイルに乗ると新鮮な感じがする。ノンターボのエンジンもいいなと。

 

2020年6月14日 (日)

久しぶりのゴルフは散々のでき なんかなあ・・

14日の日曜、サンメンバーズに行ってきました。

面子は、国立のGさんとY会長夫妻。今回はうちのレボーグで4人で行きましたが

普通に4バッグ乗るのは便利です。バックミラーはモニターミラーなので、荷物が後ろに積み上がっても問題ないです。

高速も空いていて、今回は、最近できた談合坂スマートインターから降りて、7,8分でゴルフ場に到着と速い!

天気は、小雨が降っているような感じ、一応練習なぞもしてみたのですが・・

いきなり、DRがチョロ、ハザードに入らずにラッキーといわれても・・

まともにDRが当たったのが、3発くらい、目の前の池に3回打ち込み、アイアンも当たらず。

やれやれです。午後は雨も降らずに涼しくて良かったのですが、3カ月ぶりといっても、これではいかんともしがたい。

練習はそれなりにやっていて、レッスンも受けていた成果は、どこへ行ったのでしょうか。

昼食は、何と4人がそれぞれ目の前でアクリル板で仕切られて、個室状態でした。

帰りも談合坂スマートインターの上りから帰り、こちらは、談合坂のSAの中を通っていくので、休憩もできてちょっと

便利そうです。

やはり芝の上でボールを打たないとダメですね。

次は、安くて広いとこで練習したいですね。

 

 

 

2020年5月31日 (日)

カワナミレッスン 構えが大事 ひざの動きが

朝、練習場でDRを打つのだが、ループ気味に上げて、インサイドから降ろそうとすると、ダフるのだ。

右肩が下がっているのか?

そのことを、Kプロに聞いてみた。

「ダウンスイングで右膝が左に曲がって動いて、インパクト前にダフる」

「構えで膝を曲げずに、突っ立った構えでOKだ」

「インパクトからは、左ひざを伸ばす。腰が左に回せる。」

 

やはり、膝の上下動が良くない。

アプローチの構えを見てもらうと、ボールに近い。

もう少し、離した方がスイングが詰まらない。

 

 

2020年5月16日 (土)

カワナミレッスン指摘 アドレス

Kコーチから、上半身が左を向きがちという指摘。

左足を引くスタンスをよくしているが、そのとき、上半身も左を向いてしまうようだ。

左肩は、右に向けるくらいでスクエアなようだ。

胸を右に向け、右肩を少し下げる。

アドレスで、胸の向きを、左に向いていないか確認する、右向きでいいくらいで。

 

腰を開き、フェイスを返して、振りぬく。

グリップは、インパクトに向けて力を入れない。難しいが、中くらいの力で振りぬく。

これって、高松師匠の言っている、ゆるゆるグリップではないか。

ヘッドを走らせることが大事なんだな。

 

 

2020年4月12日 (日)

山梨で練習&ドライブ 鐘山ゴルフセンター

4月12日 曇り

外出自粛のおり、ゴルフ練習場にわざわざ忍野村まで遠征する。

都内のゴルフ練習場は大手は休業していて、いくつかは開いているのだが、混んでいるのも嫌だし、いっそ他県に行こうということで

忍野村にある鐘山ゴルフセンターに行くことにした、運転は、ドライブしたがっている長男。

Photo_20200419164901 Photo_20200419164902

8時過ぎに出発して高速はがらがらで、9時20分ごろには着く。

思ったより大きくてきれいな練習場だ。150球券と打席料で2000円。まあ、特に高くはない。

レンジは250Yと広いし、打席もオートアップでらくちん。どんどん打てる。

当たりはあまり良くない。レッスンで習ったことを意識してみるのだがどうもうまく当たらない。

「左手首のヒンジコック」 その先にも体の動きに問題がありそうだ。

150球も1時間ちょっとで終了。

Photo_20200419164903 Photo_20200419165001

すこしドライブしたいというので、長男の慣れた山梨の運転で、河口湖から笛吹まで山を越えて、笛吹のスマートインターから帰路に着く。

帰路も空いていて快適。談合坂で鳥だし中華そば食べて、帰宅しても13時。助手席でうとうとできるのは実に快適だ。でも、普通にゴルフ場や練習場に早く行きたいものだ。

国は出勤率3割にしろといっているが、さて3分の1出勤で仕事はまわるのだろうか。少数職場は厳しいができるだけ、電車で出勤しないで行ければそうしたいな。

 

 

2020年3月24日 (火)

カワナミレッスン⑨ ヘッドアップ!

連休で久々にコースにいっての反省点をプロにはなし、

「2NDショットとかフェアウエイで打つと頭を叩いてしまう」

「それは、ボールの行き先を早く見てしまい、顔が上がり、頭が上がるのだよ。いわゆるヘッドアップ」

「この室内練習場でも、打ったボールがネットに当たるのが見えるようではヘッドアップだ」

で、打った後もクラブが2時に位置に来るくらいまで頭は残すこと。

バンカーのトップも、アプローチのトップもヘッドアップで行き先を早く見てしまうために起こる。

確かに思い当たることばかり。

DRの頭叩きも、行き先が気になって頭が起きてしまっているときだ。

 

久しぶりにコースにいくと、やはりボールの行き先ばかりが気になる。セルフなのでどこにボールが行ったかわからないと探せないのだ。

たまには、ボールの行き先を心配しないためにキャディをつけるべきなんだろうな。

 

2020年3月22日 (日)

下仁田CC 1泊2日

3月20日~21日 晴れ 風強し

5時にお迎えに来てもらって、練馬のコインパーキングでSさんと合流し、アルファード1台で下仁田に向かう。

Photo_20200322181501Photo_20200322181602 

3連休なので、さ すがに高速は混み、すでに高坂手前で渋滞3キロ。それでも後は順調で、下仁田CCには、8時過ぎには到着。

レンジで練習して、パターもたっぷりして、コースインは0919、前も詰まっていなくて、スムーズにプレーはできた。

だが、ともかく強風。10メートルくらいになか、風を考えながらのプレー。といっても、打ち分けられるほどの技術はなく、普通に打ち、番手を上げるかどうかくらいだ。

Photo_20200322181701 Photo_20200322181601

前半はショートでパーも取れて、50は上出来。

昼食後は、バンカーから行ったり来たりが発生して、51。

Photo_20200322181703 Photo_20200322181702 Photo_20200322181704 

ドライバーはオノフ赤のラウンド初投入であったが、最初はお約束のチーピンとゴロ。やれやれ、そのうち当たるよにはなってきた。スライスはなぜかコースでは出ない。

その夜は、安中のルートインに6人で宿泊。5時半から、近所の居酒屋、北海亭で宴会となる。久しぶりに宴会だ。店はがらがら。

8時頃までいて、ホテルに戻る。部屋飲みする人もいたが、これ以上飲むと偏頭痛が必至なので、部屋で休んで早めに寝る。4時ごろからやはり頭痛で目が覚め、薬を飲んで、うとうと。あまり寝た気はしないが体は休まった。

3月21日 晴

れ風は昨日とうって変わって穏やかだが、それなりにあるので、気を使うが、けっこうアプローチで球を上げると届かなかったり、オーバーしたりする。ここのグリーンは砲台的なので、奥に行くとこぼれてしまう。1グリーンで傾斜が結構細かくあり難しい。

前半、淡々とダボを打ち、時々トリもありパー無しとくれば、56は止む無い。ドライバーはまあまあになっているので、もったいない感じだ。アプローチの距離感、セカンドのトップ・チョロでスコアが崩れる。

後半は少し持ち直し51.56・51 107 ショットはレッスンの指摘を意識すると良くなっている。あがりの18番も、刻みに徹してボギーにしたのは、いい感じだった。今後に期待ができそうなラウンドで、上手い人といっしょに考えながらプレーするのは楽しかった。

帰りの関越は当然渋滞だが、6時半には家に着いた。

 

 

より以前の記事一覧