2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを張るリスト

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月25日 (土)

星野リゾート界 按針③ 雨の伊豆から沼津へ ビュッフェ美術館

7月25日(土)朝から雨

朝起きると外はどんよりと曇り雨が降っている。朝食前にお風呂に行き目を覚ます。

朝食は、美味しい、和食だ。お米と味噌汁が美味しいのはいい。

ここはチェックアウトは12時とゆっくりなのもいい。といっても、11時前には出発。

按針のすぐ隣に、東郷平八郎の伊東の別荘があるではないか。企業の保養所に使われていたらしい。雨の中尋ねてみると開館は日曜のみで残念。塀の外から雰囲気を味会うのみ。

Photo_20200915224401

別荘といってもごく普通の木造建築で豪華さは全くないが、東郷元帥が晩年ここで海を見ながら過ごしていたと思うと、感慨が深い。

当時は、海辺に面していたのだろう。

長女が、沼津のビュフェ美術館が見たいというので、伊豆の中央部に山越えして修善寺から伊豆中央道経由で行く。

Photo_20200915224501 

クレマチスの丘に着く。ここは大きな公園と美術館、文学館が新興住宅地といっしょに開発されたしゃれたところだ。

天気のいい時に庭園をゆっくり散策してみたい。

スルガ銀行のオーナーが関わったようで、ビュフェの絵画のコレクターであったことから美術館が建てられた。

おしゃれな雑貨と本のショップがありその隣に、ピッツェリア&トラットリア チャオチャオ でピザ2種類とラザニア、を4人で食べる。なかなかの美味しい。

Photo_20200915224602Photo_20200915224601

腹ごしらえをしたところで雨も上がり、歩いてビュフェ美術館へ向かう。

絵のことはわからないが、かくかくとした、現代的な画風だ。中はおもったより広い、ゆっくり見ると1時間はかかるくらいだ。

Photo_20200915224701

その後は、長女の菊名へ向かう。東名はもちろん渋滞なのだが、レボーグのアイサイトで渋滞は怖くないのだ。

横浜まで行き、菊名で長女を下して、帰るのだが、東名にもどり首都高、途中、大橋で間違えて降りてしまい、首都高を乗り直す。

慣れない道は、間違えるな。

菊名から自宅まで、ママが後ろは酔うというの、助手席をゆずったのだが、後席の乗り心地が良くない。

サスが大きく動いていない感じで、がつんがつんと来る。GT-Sなので、ビルシュタインのサスが硬かったのかなあ。

 

2020年7月24日 (金)

星野リゾート界按針② 石廊崎に

朝食は、8時から、夕食と同じ場所で、やはり個室風に間仕切りがしてある。朝にしては、暗いかなという印象。

和食は、ご飯もおかずも美味。つい食べ過ぎる。

10時出発で、伊豆半島の南の端、石廊崎に行くことにする。南伊豆町に行ってみたかったこともある。

夏の東伊豆は海水浴場もあり、道は混んでいる。白浜でコンビニに止めてビーチを見る。泳ぐという発想が今回なかったのだ。

下田には12時過ぎ、道の駅は車がいっぱいで駐車を断念し、駅のそばのコンビニでコンビニご飯とする。

南伊豆に向かう。何度も通った道だ。弓ヶ浜もちょっと懐かしい、夏は人が多い駐車場もいっぱい。弓ヶ浜クラブをちらっと見て石廊崎に向かう。

 

石廊崎はきれいになった。駐車場とレストハウス、岬に向かう道が整備された。暑い。レスハウスで食事もとれたのでここで軽く食べればよかったかなと反省。夕食が早めの時間で量もあるのでお腹をすかすためには昼食を遅くするのは得策ではないので止む無しか。

石廊崎からはまっすぐ按針に向かって帰る、4時過ぎに宿に戻る。即っと風呂に行き、湯上りビールを飲んだ。

夕食は、凝ったものだが魚中心で美味しい。目を楽しませる工夫があり、飽きない。ワインを赤を一杯飲む。

夕食後も広い部屋のソファーで野球をみたり、部屋にあるレコードプレーヤーでレコードを聴いたりのんびりタイムを過ごす。

界では、部屋でゆっくり過ごすのがいいのかなと。

寝つきはあまりよくなかったが、ママはベッドマットを窓際に移動して寝る。

 

2020年7月23日 (木)

星野リゾート 界 伊東 に行く①

7月23日 木 曇りちょっと雨

自宅8時20分発 →環八・第3京浜を港北で降り→菊名の長女宅9時40分

港北→東名横浜ICに乗ろうと思ったが既に海老名まで渋滞なので下道で行くことに。それでもはやり

要所要所は渋滞。135号も混んでいて、渋滞していても東名に乗った方が早い気がした。

夏の湘南方面はどこも混んでいることを実感する。

西湘バイパスに出てようやく快調に走れるが、昼食を取るところが無い。途中、酒匂で降りてデニーズに寄る。

チキンカレーは美味しい。これから魚尽くしの夕食なので洋食を食べておく。

小田原、真鶴、熱海と道路は夏の混雑で、結局3時過ぎに伊東の界に到着する。

 

界 伊東アンジンは、海岸沿いに立つ黒いマンション風の変哲のない建物、大きな看板も入り口もなく、

あえてわかり難くしているようだ。入口は裏の駐車場から入る。チェックインをすまして、部屋は7階、客室では一番の最上階で見晴らしがとてもいい。

 

部屋に入った瞬間、窓一面に駿河湾が一望できるのは、なかなかいい! おお! という感じだ。部屋の広さ、按針ということで内装は船を意識した暗めの木が基調のインテリアは落ち着いて、滞在型リゾートという気分にさせてくれる。

部屋は寝るだけでどこか外に遊びにいきたくなる宿泊施設ではない。そんなスイートルームに4つベッドを並べて寝るのは、豪華ではないきもするが、値段は十分豪華だ。

まず8階の大浴場に行ってみる、4時半から18時まで湯上りの生ビールが飲み放題なのだ。いいサービスだ。

浴場はそんなに大きくはないが、露天風呂がついていて気分がいい。風呂上がりにテラスで夕方の海を見ながらビールが飲めるのはいい気分だ。

夕食は大食堂を間仕切りして個室感をだしている。料理は和食。懐石風に多くの種類の料理が出て目を楽しませる。刺身も美味、締めの鰻ごはんも嬉しい。白ワインを1杯、悪くないワインだ。最後は十分にお腹一杯になった。

食後は1階の応接間でコーヒーを飲みながら、レコードで古いジャズを聴くのはいい時間を過ごせた。この部屋のモチーフも按針、帆船だ。

寝るときはベッド4つ横に並べて寝る。マットレスはいい硬さだ、誰かだ動くのが気になったり、長男のおならが臭くてとかで、寝付けないまま、朝になった。

 

 

 

 

2020年7月15日 (水)

完全ワイヤレスイヤホン購入 ag TWS04K

長男に買え買えと催促されていて、ついに完全ワイヤレスイヤホンを購入。

7月5日にヨドバシに行ったが、店頭にも、他店にもなくて、入ったら郵送するということにする。

意外に早く送られてきた。(7月15日)

15800円 ポイント6136円使って 9664円で購入。

agTWS04K  

K0001254069

なぜagにしたかというと、ファイナルのものだからというのが大きい。音質も余計な低音の強調感が無い、ナチュラルな音質。

スマホにつなげるといい感じであったは、PLANUE R2につなげると音はいいのだが、ホワイトノイズが少し乗るのが気になる。

 

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »