2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを張るリスト

« 秋田・青森7/29① | トップページ | 秋田・弘前③3日目 新青森で三内丸山遺跡 »

2018年7月30日 (月)

秋田・弘前 「リゾートしらかみ」に乗る

【秋田・弘前 「リゾートしらかみ」に乗る】

2018/07/30 月 晴れ 【秋田発→弘前】

ホテルで6時半に起床し、7時から朝食を一番で取り、お堀の睡蓮の花が朝咲くので、見に行こうというので、まずお堀で、きれいな睡蓮のお花を見る。

お堀一面の、水連は壮観だ。

秋田駅から、8時4分発のリゾートしらかみに乗車する。

【座席の予約が難しい】

リゾートしらかみは特急ではない、普通列車の特別な編成ということで、えきねっとで予約はできるのだが、車内のマップを見て座席が指定できない。

1カ月と1週間前に予約申し込みをして、座席が取れましたというメールは来たのだが、それが、海側なのか山側なのかがわからない。

というのは、リゾートしらかみは、眺望は海側の海岸線が見るべきものといわれるので、山側では、ちょっと残念になってしまう。

さて、切符をとってみると、なんと前から2番目の山側である。うーん・・・。

リゾートしらかみに乗ってみると、車内はとてもキレで、座席の間隔が広くてゆったりとしている。山側の席なのだが、先頭車両の前から2列目で、運転席の後ろに、イベント空間があり、そこから十分に海側も見られるので、残念感は無くて一安心。

ローカルな単線は、周りの木々がすぐ傍まで迫ってきて、緑の中を突き進む。

大館で、方向転換、能代ではホームでバスケット大会と盛り上がる。

海にでて、海岸線の岩を眺める。列車も名所のとこでは、ゆっくり走る。

昼飯は、車内の売店で駅弁を、発車早々に購入。海鮮ホタテ弁当は量もちょうどよく美味。

車内には、鉄道オタクもいて、忙しく写真をとっている。

ハイブリッドということで、ディーゼルエンジンの響きもあまりしない。昔の両国から館山に夏よく乗った、気動車キハ34や58あたりとは、えらい違いだ。

12湖では白神山地に行くトレッキングの人達がけっこう降りる。

ブナの原生林も魅力的だが、そこに焦点を絞らないと行けない。いづれ。

青森に入れると、林檎畑が一面広がる。

車内前方の空間では、津軽三味線のライブ演奏が始まる。

などとやっていると、4時間近い鉄道の旅も、終わり、弘前到着である。

宿は、駅前すぐの、アートホテル弘前シティ。ここは部屋が広くて快適。値段もちょっと高いが。朝食も充実していて、いいホテルだ。

 一休みして、市内観光に繰り出す。弘前城などの中心地から駅は少し離れているので、100円バスで、お城の傍まで15分ほど。弘前も暑い。33度。

弘前城は、天守閣も残り、内堀とか門とかお城の構造が良く残っている。秋田であった、ババヘラアイスはここではなかった。秋田限定なのだろう。

 

 

 

« 秋田・青森7/29① | トップページ | 秋田・弘前③3日目 新青森で三内丸山遺跡 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋田・青森7/29① | トップページ | 秋田・弘前③3日目 新青森で三内丸山遺跡 »