2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを張るリスト

« 父のお見舞い 虎の門 | トップページ | 宮崎駿「風立ちぬ」を見る »

2013年7月20日 (土)

甘楽CC BKティーでとほほです



シングルプレーヤのTAさん、TKさんと甘楽CCでラウンドしました。

5時に迎えに来てもらって、甘楽CC着は7時。レンジで20球ほど打ち、パター練習少々して8時からアウトスタート。

ちょっと古めで落着いた感じのクラブハウス。今はアコーディアグループで運営ですが、かつての名門の雰囲気が残っているのは、余裕のあるロッカールーム。

Photo

で、バックティーから当然のようにやることになります。

DRが当たらんと、グリーンが遠い。FWが打てない自分にはセカンドショットが課題なので厳しいのです。

Photo_2


Photo_3

Photo_4


起伏はそれほどないが、木が空中のハザードとなっていて、ちょっと曲がるととたんに木がかぶってきて、えいっと打つとカーンと当たってしまいました。

7、8回くらい当てました。

Photo_5

ゲンテンのレッスンで、アイアンのあたりはかなり良くなったが、セカンドショットのUTがダメダメ、当然FWは握れなくて。UTの先っぽ右に飛び出すショットが3回あり、良くてトリプル、悪くてダプルパーである。

最終の18番ロングは、UT使わず、セカンド、サードの6Iで刻み、バンカー越えアプローチを52度で、ピンそばに着けてパーが取れた。ボギー狙いならアイアンで打っていてもいいのではと思った。

今の自分にできることを淡々と欲をかかずに打つというのが大事だ。

昼食はビーフカレー。アコーディアの昼食付はほとんどが加算金となるのは、なんかなーという気持ちにはなるが、味は悪くないのでまあいいかという。

パターは、午前中はミズノの中尺を使うが、微妙に入らない。転がりの悪さがカップ周りで曲がるようなので、午後からキャメロンを使うと、4メートルが真っ直ぐに転がり入る。うーん、これからは何を使おうか、それとも新規投入も考えようかな。

56・54の110と数字は悪いが、上級者にルール(ニアレスポイントとは何かとか・・)も教わりながら、勉強になったラウンドだった。

2時にあがり、一風呂浴びて速攻で帰路に着く。休憩なしで4時半に自宅に送ってもらえた。後席でうとうとできて帰れるのは極楽である。

Photo_6




« 父のお見舞い 虎の門 | トップページ | 宮崎駿「風立ちぬ」を見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 父のお見舞い 虎の門 | トップページ | 宮崎駿「風立ちぬ」を見る »