2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを張るリスト

« アサマ2000試乗会 | トップページ | 父の退院 »

2009年3月31日 (火)

ETYMOTIC RESEARCH ERー4SB 購入

Er_er4 ETYMOTIC RESEARCH ERー4S(B)

「えてぃもてぃっく」と発音する、知る人は知る高級イヤーホーンを購入する。

 このイヤーホーンの音の印象は、ともかく、さわやかな高音が良く伸びている。
Er4
  けっしてドンシャリな音は出ない。

 
強調のない自然な音作りだ。低音も自然、意図的な、ずしんとした低音は出ない。

 どちらかといえばクラシック、小編成ジャズ向きか。
 弦が美しく響く。

 驚いたのは録音の差がはっきりと判ること。

 古いアナログ録音のモーツアルトの室内楽のCDを聴くとうっすらとホワイトノイズがかかっているのがわかるのだ! 

 ともかく素直に録音をそのまま聴かせる、が、モニター的な詰まらなさではない。

 デザインや外装は値段相応には見えない、チープさがあるが、質実剛健でいい。
 
ちょっと高かったがいい買い物。 

 いままでのSHUREのE4Cも、中音域に色があり、Jポップとかロック系は楽しく音楽が聴ける音作りだった。

 クラシックの弦の音はあまり高域まで伸びている感じはしなかったが、うまく音をまとめて聴かせるタイプだ。

 自室を失いスピーカーとかアンプを新しくするという形でのオーディオライフは中断されているので、ちょっと高級なイヤーホーンで満足感を得ることにしよう。

 
ケンウッドのHDDプレーヤーHD90GD9とこのイヤーホーンの組み合わせは最強ではないか!(ロックは除くが・・)次はスタックスか。(既に古いものはあるのだが・・)

« アサマ2000試乗会 | トップページ | 父の退院 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アサマ2000試乗会 | トップページ | 父の退院 »