2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを張るリスト

« 1日中テニスをする | トップページ | 映画「めぐりあう時間たち」(WOWOW) »

2008年9月11日 (木)

MY SONG

41ztxcnh3yl_sl500_aa240_ 秋風がふいてくると、夜、キースジャレットが聞きたくなる。

それで、カセットテープ(!)でしか持っていなかったMY SONGを
どうしてもCDで聞きたくなった。お店には見つからないので、アマゾンで購入、早い、安い。

「MY SONG」は、心温まる名盤だ。解りやすいメロディー
温かみがアルバム一杯に満ちている。幸福感を与えてくれるアルバム。

このCDで、ヤン・ガレバルクのサックスを知り、何枚か聞いてみた。

キース・ジャレットの音楽は、誰にも似ていない。
熱さの中にクールな部分がある。クールな中に熱さがある。
真に、ソロピアノの即興演奏ができるのは彼だけではないだろうか?

スタンダードトリオは、ちょっとマンネリな気もするが、ピアノトリオの極北を極めた至高の音楽を聞かせてくれるのは確かだ。

でも、ソロピアノの高揚感はとても好きだ。

こんどは、やはりテープでしか持っていない、ウイーンコンサートを買おう。

 

« 1日中テニスをする | トップページ | 映画「めぐりあう時間たち」(WOWOW) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1日中テニスをする | トップページ | 映画「めぐりあう時間たち」(WOWOW) »