2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを張るリスト

« ゲド戦記を観る | トップページ | 那須遠征in畜草研 2日目 »

2006年8月 5日 (土)

那須遠征in畜草研

2006.8.5 土 晴れ
那須 畜産草地研究所テニス 初日

Dscf1121_1  ひょうんなことから、ウインテク テニスチーム(?)と畜産草地研究所の人と那須でテニスをやることになる。
 ウインテク(厳密には清瀬関係)側でMさん、畜草研がわのIさんが知り合いで、是非、那須でテニスをやろうということになった。

IさんはMさんの先輩ではないことを力説していDscf1124 た。

こっちは10人。ウインテク側の間を取り持った、Mさんは欠席。まあ大勢に影響はなかったが、当初は、おいおいという感じだった。

直前で身内の不幸によりWさんが欠席。迎えに 行くことがなくなり、起床時間がややおそくなり4:Dscf112530起床で5:00出発。保谷で一人拾って、大泉IC5:50に乗れる。朝は早い。

外環、東北道は久しぶりに走る。途中、緑のビッツを発見、Fさん号であった。西那須野IC8:00に降りる。早い。

集合は9時。畜草研はインターから5分。広大な敷地でその中を5分走ると、テニスコートにつく。当然誰もいない。
Iさんは8:30には来るというので待つ。猫が寄ってきて、ごろっとお腹を見せる。
9時ごろには、畜草研のメンバーが三々五々と集まってくる。
チームごとでとりあえず練習する。が暑い。どうも練習しすぎで、あとでばててしまうことになる。

 コートはクレー。ちょっと硬めで、跳ねる。フラットに打つとボールは飛びすぎるか。というよりも、ラケットが十分に今までのように振り切れていないのだろう。もっとひきつけて腰に乗せて振っていたはずなのに。
Iさんののテニス姿も始めてみる。(前回の道志では、雨天でそばうち、&宴会大会に終わったため)

Dscf1123 昼食は、車で5分位のイタリアンレストラン ジョイア・ミーア。
パスタ、ピザはなかなか美味。席も予約してもらえて待たず。どうしてもチームごとに固まってしまい、打ち解けにくい、人見知りがおおいせいか。

午後は畜草研と対抗戦ぽく試合をする。
試合をやると向こうが強い。地の利もあるかもしDscf1147れないが、やはり本番に弱い性格が出ているのか、さえないテニスになってしまう。

 Gさんと組むが、彼のボレーが不調。早起きで体がうごかなそう。ジュース10回を2回ぐらいあり。疲労こんばい。(後で聞くと意識が朦朧とし、気がつくとボールが飛んできたとのこと嗚呼)。

僕は、サーブが弱気で打てない。しっかり打てるような普段から練習しないといけない。あとは、コースを狙わないと餌食になる。

4時30分でテニスは終了。乃木温泉ホテルまで先導してもらい、ホテルで一風呂浴びる。なかなかいい温泉だが部屋がタバコくさいのはちょっと閉口、すぐ慣れるのだが・・。

Dscf1132 7時からホテルのそばで、畜草研の人たちと宴会。

座敷で合コンのようなご対面形式だ。

やはり、コートよりも、こうやって話しながら、飲むと、打ち解けるのは早い。
ウインテク側も農学部出身者や、農薬会社勤務Dscf1136 など意外と専門的な話で盛り上がっている。
私のような、公務員事務屋は、とりえが無い。飲み過ぎないようにゆっくり焼酎水割りをちびちびと飲みながら、あちらの仕事について話を聞く。
10時20分でお開き。

2次会は、ウインテク側からは、僕とOさんのみ参加となる。ちょっと迷ったが、偶にはいいかと、ウコンも飲んだし。
ホテルの裏側の飲み屋が固まっている。その一角の居酒屋「とんぼ」。

静かに皆さんの話を聞く感じで過ごす。12時前にOさんが、むくっと起きて帰るというので、いっしょに帰ることに。

« ゲド戦記を観る | トップページ | 那須遠征in畜草研 2日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゲド戦記を観る | トップページ | 那須遠征in畜草研 2日目 »